【2024年現在】山崎裕太は今何してる?現在の画像や活動・消えた理由等を調査

わずか3歳でデビューし、大人気番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ)で大ブレークを果たした山崎裕太さん(42)。

山崎さんは今年で2024年で芸歴40周年を迎える大ベテラン俳優です!

山崎裕太さん懐かしいな。子役のときはヤンチャでズバズバものいうキャラだったよな〜

なんて懐かしむ方も多々いらっしゃると思いますが、

2024年現在、山崎裕太さんはしっかり芸能活動されています

では、現在どんな活動をされているのでしょうか?

この記事では

注目ポイント!
  • 山崎裕太さんをあまりメディアで見なくなったのはなぜか?
  • 山崎裕太さんは現在結婚しているか、過去結婚歴はあるか?
  • 山崎裕太さんの現在の具体的活動内容とは?

についてまとめました。

目次

2024年現在の山崎裕太の活動や画像は?

2024年現在、山崎裕太さんの活動内容がこちらです。

テレビドラマでの活躍

山崎裕太さんは2024年4月1日から放送予定の『GTOリバイバル』(フジテレビ)に出演予定です。

※山崎裕太さん(写真の一番左端)の43歳の誕生日を反町隆史さんを中心に祝福している。

山崎さんは、1998年に放送された初代『GTO』に出演しており、今作でも当時と同じ、反町隆史さん演じる鬼塚英吉の教え子“渡辺マサル役”として出演予定。

この写真は2024年3月2日の制作発表会見ですが、この時山崎さんはMCを担当しています。

会見の最後には、43歳を向かえる山崎さんにサプライズケーキが届き、

「あのとき(初代『GTO』出演時)17歳だった僕が、43歳になりました。祝ってもらえるような年でもないのに、ありがとうございます」

と語りました。

山崎さんはとても謙虚で謙遜した姿勢をもった人物であることがうかがえますね!

他にも、『GINZA CASSETTE SONG』(BS–TBS)、『麻雀最強決定戦!サバイバルバトル極雀』(フジテレビONE)、『千原ジュニアのヘベレケ』(東海テレビ)などに出演予定です。

山崎裕太はいつ頃からメディアで見なくなった?

結論からいうと、山崎裕太さんは2001年にいしだ壱成の代役で出演した劇団✩新感線の舞台『大江戸ロケット』を境にあまりメディアで見なくなったのではないかと思われます。

このとき山崎さんは、ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞されています。

※ゴールデン・アロー賞:一般社団法人日本雑誌協会の日本雑誌記者会・芸能記者クラブにより設立された、その年の芸能界に大きく活躍した芸能人に贈られる賞のこと。

山崎さんはこの賞を獲得する以前、「芸能界をやめたい」という葛藤を抱えていたそうです。

6歳から13歳頃まで『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ)に出演していた山崎さんですが、だいたい小学1年生から中学1年生の期間の長さです。

「小学6年生のときの年間出席人数は、20日でした。とにかく忙しくて、仕事を辞めたくてしょうがなかったです」

「子役からやってる人って、常に見られてる感覚があると思うんです。“ふつう”に憧れていましたね」

と語るほど、当時葛藤を抱えながら多忙な毎日を送っていた山崎さんですが、19歳のときに転機が訪れます。

2000年に放送されたNHK朝ドラ『私の青空』で、ヒロイン(田畑智子)の弟・舷役にオーディション1440人の中から抜擢

「朝ドラに出ると、70歳くらいのお婆さんから『舷ちゃん、舷ちゃん』ってワーキャー言われるんです。『この仕事、すげぇかも』と思いました」

山崎さんの俳優に対する心境が変化しています。

そして2001年には、舞台『大江戸ロケット』の主役の代役として出演。

代役なら観ても仕方がないという辛辣な意見もありましたが、

「外部の声を気にする暇なんてありませんでした。話が来てから本番まで、11日しかなかったんです。2日間で台本をしっかり読み込んで、1日で歌と踊りを覚えて……。時間だけが目まぐるしく過ぎていきました」

と語り、短期間でひたむきに台本を叩き込んでいます。

舞台『大江戸ロケット』は大成功を収め、山崎さんはこの舞台でゴールデン・アロー賞新人賞の演劇部門を受賞し、

『自分の生きていく場所はここだな』と思い、これから勉強すべきこともはっきりしました」と、これからも芸能界で生きていく意志を強く宣言しました!

山崎裕太が消えた理由は?

結論からいうと、山崎裕太さんが映画やテレビドラマなどで、メインキャストとして選ばれることが少なくなってしまったことが原因だと思われます。

舞台『大江戸ロケット』出演後の山崎裕太さんは、舞台やライブを年間80〜100本は鑑賞し、すべての連続ドラマの第一話を必ず見るようになったといいます。

しかし、山崎さんではなく同年代の俳優が売れていきました。

「年が近い彼らが上がっていって、自分の仕事は減っていきました。僕は、芸能界を辞めたかった時に、一番仕事があったんです。今だに、12歳の時の年収を超えられていませんし……」

そんな境遇でも積極的に芸能活動を続ける山崎裕太さん。

2005年には『劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game』で越前リョーガ役として声優出演されています。

山崎裕太は現在結婚しているの?

結論からいうと、山崎裕太さんは現在結婚していません。

また、2018年11月22日の「いい夫婦の日」にTwitter(現“X”)でこのように投稿しましていました。

過去、“浜崎あゆみ”さんやSPEEDの“上原多香子”さん、“misono”さんとの熱愛が噂された山崎裕太さんですが、現在はそういった噂もないようです。

山崎裕太が今後メディアで活躍する可能性は?

結論からいうと、山崎裕太さんがメディアで活躍する可能性はあると思います。

山崎さんは週刊FLASH2020年3月10日号で、

「活躍している同年代の俳優は皆、やはりそれだけの魅力があると感じます。ただ、ボクは彼らよりも先に世に出たので、経験と知識、芝居の見せ方では勝てると思うんです。なんせ活動歴で言えば、ボクの同期は哀川翔さん(当時58歳)にジョニー・デップ(当時56歳)ですから」

と語っています。

また、俳優活動の他にも、自身のYouTubeチャンネル『あれこれ言うた!!』(2024年4月1日現在:登録者数3.11万人)で活動をしています。

2020年12月25日からYouTube活動をスタートさせており、2024年4月1日現在358本の動画があがっており、これは月に約9本ペースで動画を上げているということですので、

YouTubeというテレビとは違った土台でも精力的に活動をし続ける力があるということを示しています。

※【あっぱれ】佳奈ちゃんと本音でトーク!(2023/08/12投稿)では59万回再生、【あっぱれ】遂に…佳奈ちゃんとコラボ!!自腹で「〇万円」爆買い!(2023/08/05投稿)では47万回再生を記録している。

芸歴40周年という長い芸能生活を送っていれば、目標が曖昧になったり、達成感が得られにくくなったりして、活動を続けるためのバイタリティは普通なら失われてしまいそうですが、

山崎さんはいくつ年を重ねても、モチベーションを高く保って活動し続けられています。

そのことを踏まえると、今回の『GTOリバイバル』(フジテレビ)の出演のように、きっかけ次第では今後メディアで活躍する可能性はあるのではないかと筆者は思います。

まとめ

山崎裕太さんは2024年現在もドラマやYouTubeで精力的に活動を行っていることがわかりました。

長い芸能活動でも高いモチベーションで仕事をやり続けられるのは素晴らしいと感じました!

チェックポイント
  • 山崎裕太さんは2001年の舞台『大江戸ロケット』を境にメインキャストとしての活動が減っていった。
  • 山崎裕太さんは現在結婚しておらず、Twitter(現“X”)で「一般女性の方と結婚いたしません───引き続き独身です───」という投稿をしている。
  • 山崎裕太さんはテレビだけではなくYouTubeでも精力的に活動している。

このような内容でお送りしました!

山崎裕太さんの今後のご活躍を願います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次